アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

原材料やコスパからみるスーパーゴールドフィッシュ&ポテトの評価

 

愛犬家に人気のドッグフードのなかではあまり有名ではありませんが、「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」は森永乳業グループの森乳サンワールドが販売するドッグフードです。
グレインフリーの低アレルギーフードということでコアなファンも付いており、一部のブリーダーから高く評価されています。

 

ただ、それだけであなたの愛犬が安心して食べられるドッグフードかどうかは分かりませんよね。
ドッグフードの安全性を確かめるには、やはり原材料と成分までしっかりチェックしなければなりませんよ。

 

そこで、「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」について詳しく見ていきましょう。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

原材料の評価

 

「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」の原材料表によると、主原料がポテトで、続いて多く使用されているのがサーモン、ホワイトフィッシュとなっています。
グレインフリーといっても、お肉ではなくポテトがメインに使われているのが少し気にかかりますが、小麦やトウモロコシに比べれば犬の消化にもそれほど負担ではないですし、アレルギーの危険性も少なく、犬に必要な動物性たんぱく質の量はクリアしているので良しとしましょう。

 

動物性たんぱく質には、サーモンとホワイトフィッシュという2種類の魚と動物性脂肪が見られます。
ホワイトフィッシュと言われても馴染みがないかもしれませんが、この魚は淡水に暮らすサケの仲間で、アメリカなどでは食卓でもお馴染みの食材です。

 

高たんぱく低脂肪ですので、サーモンと同じくドッグフードの原材料として評価できます。
また、チキンなどのお肉より魚肉の方がアレルギー反応を示す犬が少ないですから、あなたの愛犬がチキンのドッグフードで肌の調子や毛並みが悪いとお困りであれば、試してみる価値はありますね。
あと、ビタミンやミネラルは多数配合されていますし、危険性のある人工添加物は使用されていないので、安全性はまず問題ないと見ていいでしょう。

 

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

原材料で気になるポイント

 

ただ、気になるのが原材料表に記載されている「動物性脂肪」と「植物性油脂」です。
どちらもドッグフードの加工のプロセスで追加されるもので、これら全部が全部安全性に問題があるというわけではないですが、問題はどんな動植物の脂質を材料にしているかが明らかにされていないことですね。

 

原材料表はできるだけ細かく記載されている方が安心感があります。

 

なぜなら、もしドッグフードを食べて犬がアレルギーを起こした時、このような大雑把な表記ではアレルギーの原因を特定できませんよね。
できれば「○○オイル」などとはっきり原材料名が表記されているフードを選びたいところです。

 

また、「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」の原材料で気になるのが食塩です。
犬だって生きるために塩分は必須ですが、あえてドッグフードの原材料に追加する必要があるのかというところが評価の分かれるポイントです。

 

犬は人間のように塩味で食べ物の味を判断するわけではないので、塩分が少ないからといって食いつきが悪くなるということはありません。
それぞれの素材に含まれる塩分で十分と言えるでしょう。

 

もちろん塩分の摂り過ぎになるほどの量が配合されているわけではないでしょうから、給餌量を守っている限り健康に悪影響は出ないはずです。
ただ、食塩が単体で原材料に追加されていることは、「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」を検討するうえで覚えておくべき判断材料と言えますね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

コストパフォーマンス

「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」には800g、2.4kg、7.5kgという内容量ごとに3種類のサイズがあります。
森乳サンワールドのホームページに小売価格は記載されていませんが、Amazonなど通販サイトの情報によると、800g入りで約1200円、2.4kg入りで約2500円、7.5kg入りで約5600円ぐらいです。

 

容量が大きいほど割引額が大きいですが、初めて購入する場合はいきなり7.5kg入りではなく、少量パックを購入してみて、あなたの愛犬の口に合うか確かめた方がよいでしょう。
800g入りだとkg単位で約1500円になりますから、評価の高い海外製のプレミアムドッグフードほどではありませんが、市販のドッグフードと比べるとやや高級な部類に入りますね。

 

ちなみに給餌量は、体重約5kgの成犬で1日125gと公式サイトには記載されています。

 

ということは、1カ月で3.7?3.8kgほど消費することになりますね。
「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト」にすると、1カ月のドッグフード代に3000円以上かかることになりますが、これを高いと見るか安いと見るかはあなたが愛犬の食べるものにどれだけ気を遣っているかによります。

 

ただ、安全性や栄養面を考えると、1カ月3000円は決して高いとは言えないでしょう。
したがって、チキンや穀物にアレルギーがある犬にとっては、コストパフォーマンスを含めて考えると、悪い選択ではないと言えるでしょう。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード