アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

穀物アレルギーの柴犬に最適なドッグフード選び

穀物アレルギーを持つ柴犬のドッグフード選びについてお話しています。

 

どんな特徴を持ったドッグフードなら、アレルギー持ちの柴犬でも安心して与えることができるか解説します。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

穀物NGな子は多い

 

犬はもともと肉食動物なので、生きる上では穀物を食べる必要はありません。

 

肉を食べることで摂取できるたんぱく質がワンちゃんには必要で、穀物を食べても生きるために必要な栄養成分が摂取できないだけではなく、穀物の種類によってはアレルギー反応が出てしまうことがあり、ワンちゃんにとってはプラスの効果よりもマイナスの影響の方が大きいのです。

 

我が家の柴犬は、夏になるとジメジメした気候で皮膚炎を起こしやすくなってしまい、アレルギー体質なのだと思います。

 

穀物が入ったドッグフードを食べていたことがあり、その時にはかゆみなどの症状は起こらなったので、多分穀物アレルギーではないのでしょうけれど、体質的にどんなキッカケで痒くなったりしたらかわいそうなので、できるだけ穀物などは避けています。

 

 

グレインフリーがおすすめ

 

穀物アレルギーを持っている子のペットフードなら、グレインフリータイプがおすすめです。

 

カナガンやネルソンズドッグフードなどは、穀物原料がいっさい使われていないので、どんな種類の穀物にアレルギーを持っている子でも安心して食べることができますし、うちのように皮膚炎を起こしやすい子とか、痒くなったり皮膚が弱い子でも安心して食べることができます。

 

カナガンやネルソンズドッグフードは、どちらもチキンを原料にしていて、添加物などは一切入っていません。

 

その点ではどちらも信頼できるフードと言えるでしょう。

 

両ブランドの大きな違いと言えば、カナガンはサーモンフレーバー製法がされていて、関節に良いグルコサミンなどがサーモンオイルなどに含まれているのが特徴です。

 

一方、ネルソンズの方はサーモンは入っていませんが、ハーブがたっぷり入っているのが特徴で、皮膚のかゆみや炎症などを鎮める抗炎症作用を持つハーブも充実しています。

 

入っている原料が違うので味やにおいなども異なっているため、どちらが自分のワンちゃんにピッタリなのかは、実際に食べさせたうえで決めるのが良いでしょう。

 

だって、ワンちゃんごとに好みとか嗜好はあるものですし、できるだけ食いつきが良い方を選んだほうが、柴犬にとっても愛犬家にとってもハッピーになれますよね。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

ナチュラルドッグフードはどう?

 

栄養価がバツグンで大人気のナチュラルドッグフードですが、グレインフリーではありません。

 

しかし、ワンちゃんにとってアレルギーを起こしやすい種類の穀物は使っていないので、どの種類の穀物に対して拒絶反応を持っているのかが分かっている場合や、痒くなりやすい体質だけれど普段家でお米を食べている子などは、ナチュラルドッグフードでも問題ないかもしれません。

 

しかし完全に不快な症状を起こさないように、原料レベルでシャットアウトしたいなら、ナチュラルドッグフードは控えたほうが良いでしょう。

 

 

ワンちゃんの様子をじっくりチェック

 

体質的に、ちょっとした要因で痒くなったり皮膚が赤くなったり、また毛が抜けてしまう子はいるものです。

 

たくさんの人が大満足できているドッグフードでも、自分の子と相性が良くなければ意味がないわけですから、まずは食べさせてみてワンちゃんとの相性をチェックしてみることをおすすめします。

 

そして、痒くなったりしないことを確認した上で、食いつきを見てドッグフードを選ぶのが良いですね。

 

我が家の柴犬は皮膚炎を起こしやすい子なので、ナチュラルドッグフードは最初から検討せずに、カナガンとネルソンズの2者択一にしました。

 

柴犬の食いつきがカナガンの方が良かったので、現在でもカナガンをずっと続けています。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード