アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

アレルギーや抜け毛が気になる柴犬のドッグフード選び

アレルギーで抜け毛が多くなってしまっている柴犬のドッグフード選びについてお話しています。

 

どんな特徴を持ったドッグフードを選ぶべきかご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

抜け毛は可哀想

 

柴犬は特に病気でなくても季節ごとに自然に毛が抜けます。

 

しかし、皮膚炎などのトラブルを起こすと、ワンちゃんが痒みに堪えられなくなってしまい、体をかきむしるために抜け毛がひどくなってしまうことがあります。

 

こうした症状が起こる原因は多種多様ですが、ドッグフードに使われている原料が原因となることがあるので、不要な抜け毛を未然に予防するためにも、ドッグフードにはどんな成分が入っているのかをしっかり見極める必要があります。

 

愛犬家にとっては魅力的だなと思えるフードでも、実際に食べるのは柴犬なわけで、食いつきが悪かったり自分にとってNG成分が入っていると、ワンちゃんにとっても愛犬家にとっても悲惨ですよね。

 

だからこそ、ワンちゃんと相談しながら決めることが必要なのです。

 

 


アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

 

 

気になる成分が入っていないのはカナガン

 

愛犬家に人気のドッグフードには、カナガンやネルソンズ、ナチュラルドッグフードなどたくさんのブランドがあります。

 

どれも大人気でアレルギー対策はされていますが、抜け毛になるほど体がかゆくなってしまう子なら体質的にかなり注意したほうが良いので、「トラブルを起こしやすい成分はできるだけ排除」されているだけではなく、起こす成分が徹底的に排除されているフードを選ぶのがおすすめです。

 

我が家で利用しているカナガンは、チキンを原料にしているドッグフードです。

 

チキンアレルギーを持っている子にはNGなのですが、添加物などは一切入っていませんし、ワンちゃんにとってはアレルギーリスクが高いと言われている穀物も一切入っていません。

 

ネルソンズもこの点では同じなので、アレルギー対策としてはこの2ブランドがおすすめドッグフードと言えるでしょう。

 

 

ハーブの作用が期待出来るのはネルソンズ

 

抜け毛が気になるワンちゃんの場合、抜ける理由によっても避けたほうが良い成分とか、食べたほうが良い成分などは変わるものです。

 

そんな中、ネルソンズドッグフードだと、中にハーブ類が充実しているので、抜け毛を抑えるという薬効が期待出来る場合があります。

 

ネルソンズに入っている植物ハーブの種類は多く、オレガノやハッカ、ミント、緑茶など皮膚の炎症を抑える成分もたくさん充実しています。

 

ワンちゃんの毛が抜ける時というのは、皮膚がかなり炎症を起こしていることが多いので、こうしたハーブ成分が入っているネルソンズドッグフードを使えば、皮膚の状態を改善して抜け毛を予防出来たり改善できるかもしれませんね。

 

ドッグフードとしては大人気のナチュラルドッグフードは、穀物が入っているのでアレルギー持ちの子にはおすすめしません。

 

穀物と言ってもいろいろな種類があり、ナチュラルドッグフードで使われているのはアレルギーを起こしにくい種類のみですが、それでもアレルギー体質の子はどんなキッカケでさらにアレルギー反応が悪化するか分からないので、可能性はできるだけ未然に予防しておきたいものです。

 

 

ネルソンズがおすすめ

 

柴犬の抜毛で悩んでいる家庭は、まずはネルソンズにトライしてみることをおすすめします。

 

アレルギー成分が入っていないという点は我が家で利用しているカナガンも同じなのですが、ハーブ成分が充実しているという点は、チェックしておきたいポイントですね。

 

皮膚炎を起こしやすい我が家の柴犬は、ネルソンズを食べた時に食いつきがイマイチだったので今ではカナガンのみを愛用していますが、きっとハーブの味が苦手だったのかもしれません。

 

まずはネルソンズドッグフードにトライしてワンちゃんの食いつきを見て、ネルソンズがNGならカナガンという方法もアリですよ。

 

 


アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード