アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

ナチュラルドッグフードはアレルギー持ちの柴犬でも食べれる?

 

ドッグフードはたくさんのブランドからいろいろな商品がラインナップされています。

 

それぞれ、決して適当な気持ちで配合成分を決めているわけではなく、ワンちゃんの健康管理や味、腹持ちなどを総合的に考えながらどんな原料を使うのかを決めているわけですが、アレルギーを起こしやすいと言われている穀物も、実際にはワンちゃんの腹持ちが良くなるというメリットがあります。

 

そのため、アレルギーを持っていない子なら、ナチュラルドッグフードのようにグレインが少し入ったものの方が、ダイエット効果につながるような気がしますね。

 

我が家の柴犬はずっとカナガンですし、穀物抜きのドッグフードになれているのでナチュラルドッグフードを食べたことはありません。

 

しかし、穀物にこだわらない家庭では、穀物が入っていたほうが良いという人もたくさんいて、そんな家庭ではナチュラルドッグフードがとても人気です。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

原料にこだわった品質

 

ナチュラルドッグフードには穀物は入っていますが、ワンちゃんがアレルギーを起こしやすい種類の穀物は一切入っていません。

 

だから、穀物と言っても結構安心して食べられる種類のみです。

 

すでに穀物アレルギーを持っていることが分かっているワンちゃんだと、ナチュラルドッグフードは避けたほう良いでしょう。

 

しかし、これまで家庭でドッグフードを手作りしてきて、その時に玄米とか白米などを食べさせてきた家庭なら、今になって穀物を辞めてしまうとワンちゃんの腹持ちが心配なので、穀物が入っているナチュラルドッグフードの方が良いかもしれませんね。

 

ナチュラルドッグフードに使われている原料は、すべてワンちゃんの健康管理にプラスのものが厳選されています。

 

我が家の柴犬が食べているカナガンと比べると、使用されている原料の数が少なくて、少数精鋭な原料によって作られているエリートなドッグフードという印象があります。

 

 


アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

 

カナガンより優れている点もある

 

我が家では、ナチュラルドッグフードは穀物が入っているので使用してはいませんが、色々な点を比較してみると、我が家で愛用しているカナガンより優秀な点もたくさんあることが分かりました。
例えば、ナチュラルドッグフードは消化吸収率を考えているので、消化に時間がかかるような原料は一切使っていません。

 

食べたらサッと消化できてサッと排出できる原料のみが使われているので、ワンちゃんの健康管理という点ではとても優秀です。

 

それと、グレービーなど肉の副産物は一切使っていません。

 

カナガンはチキングレービーが使われていて、特にそれが健康に悪いというわけではありませんけれど、ナチュラルドッグフードはチキンではなくラム肉を使っていて、ラム肉のグレービーなどは入っていないので、その点は要チェックしたい部分ですね。

 

それと、ナチュラルドッグフードの方がカナガンよりも脂肪が少なめです。

 

柴犬は結構外を走り回るのが好きなので、あまり運動不足で肥満が気になる子は少ないのですが、他の犬種だと肥満になりやすい子はいるもの。

 

ダイエットをしたい子なら脂肪は控えめの方がいいので、そういう子なら脂質が17%のカナガンよりも、12%しか入っていないナチュラルドッグフードの方が良いでしょう。

 

 

ラム好きにオススメのドッグフード

 

ナチュラルドッグフードは、チキンではなくラム肉で作られています。

 

ラム肉は独特なニオイと味など癖が強いので、ワンちゃんによっては最高の食いつきを見せてくれることもあれば、まったく食欲がなくなってしまう子もいます。

 

うちの柴犬はラムは苦手なのでナチュラルドッグフードは穀物フリーだったとしてもきっとNGでしたけれど、ラムが大好きが実家の柴犬は、ずっとナチュラルドッグフードを愛用していて、毛並みもツヤツヤです。

 

 


アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード