アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬のアレルギーにはどんな症状があるのか

私はもともと皮膚が弱くて、ちょっとしたスキンケア商品を試しても、すぐにかぶれたり赤くなったりしてしまいます。

 

食べ物によるアレルギー症状もひどいですね。

 

だから、柴犬がアレルギー症状を起こして苦しんでいる姿を見ると、自分のことのように胸が張り裂けそうになり、放置しておくことはできません。

 

きっと、自分自身でアレルギー症状を経験したことがある人なら、皆同じではないでしょうか。

 

どんな症状があるかを知っておけば、早期発見ができますし、すぐに病院にも行けるので、知っておくことはとても大切です。

 

 

痒くてたまらない

 

我が家の柴犬は、とにかくアレルギーを起こさないように注意して見ているので、頻繁にアレルギー症状が起こることはありません。

 

でも皮膚が弱くて、夏になると皮膚炎になりやすく、その時にはとてもかゆそうに、耳とか体をかきむしっています。

 

ほかの柴友達ママと話をしても、やはり痒みという症状が出る子は多いですね。

 

特に耳の後ろは足でかきむしりますし、背中がかゆい時だと床に背中をこすりつけて、何とか痒みを抑えようとしますね。

 

食べ物アレルギーなどは、体の内側に原因があるので、かきむしった所で根本的な解決にはなりません。

 

しかし、虫さされとかノミ・シラミの場合だと、掻くと楽になるので、ずっとかきむしっています。

 

それが皮膚炎を引き起こす原因にもなるので注意しなければいけません。

 

ノミとかシラミ、虫刺されなどは、動物病院で処方してもらえるお薬を定期的に飲むことによって、そうした虫がつきにくい体質を得ることができるので、解決することは可能です。

 

年間ずっと飲んでも良いのですが、虫が出てくる春から秋にかけて飲むだけでも、大きな効果が期待できますね。

 

うちも年に1度の健康診断に行くときには、かならず1年分を処方してもらっています。

 

値段的には結構まとまった金額になりますけれど、ワンちゃんのために必要な出費だと思って、小銭貯金で少しずつ貯めていますよ。

 


アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

 

掻くとばい菌が入って炎症も

 

アレルギー症状でかゆみが出れば、ワンちゃんだって堪えることはできないから、掻きむしりますよね。

 

人間だったら、あまりかくと皮膚がダメージを受けて皮膚炎になったり黴菌が入ってもっと大変なトラブルになるからほどほどにしておこうかな、と考えることができるでしょう。

 

しかしワンちゃんはそういう思考回路を持っていないので、痒ければ容赦なく掻きますし、適当な所で止めておこうとは思いません。

 

だから、掻きすぎてしまってそこからばい菌が入り、炎症を起こしてしまうことも多いのですよね。

 

ワンちゃんのアレルギーで出来るだけ早く病院に行った方が良いというのは、辛い痒みを抑えるという目的があるだけでなく、掻きすぎによる二次的なトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

 

 

症状によって治療法は異なる

 

柴犬のアレルギーは、私の周辺だと痒みが圧倒的に多い症状なのですが、ほかにも体調が悪くなったり毛が抜けたりなどの症状が起こります。

 

放置しておくとワンちゃんが可哀想ですし、場合によっては治るのに気が遠くなるほどの時間がかかったり、掻きむしりによる肌のダメージや出血、感染などの心配もあるので、できるだけ放置せずに早めに動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

症状によって治療法とか処方してもらえるお薬は違うので、適切な処置でワンちゃんの不快な症状を素早く解決することができますよ。

 

かゆがっていなくても、肌が赤くなっていたり、ノミとかシラミを見つけても、病院に行ってくださいね。

 

早期発見することで、早期解決ができますし、根本的な原因が見つかるので、同じトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

 

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード