アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬のアレルギー予防にはシャンプー選びも重要です

 

柴犬は水が嫌い?

 

外を元気いっぱいに走り回ることが大好きな柴犬ですが、お水を使った遊びやお風呂に入ることに対して、あまり好きではないという子が結構います。

 

我が家の柴犬も、シャンプーすることはあまり好きではないらしく、シャワーをかけてもあまり気持ち良さそうにはしてくれません。

 

他のママ友と話をしてもそういう子が多いので、もしかしたら柴犬の性格なのかもしれませんね。

 

しかし、ワンちゃんのアレルギー対策としては、定期的なシャンプーをすることがとても大切です。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

シャンプーの方法

 

柴犬は被毛がとても多い犬種なので、シャンプーの作業はとても大変です。

 

毛だけではなく、できるだけその下にある皮膚までしっかり洗ってあげたいところですが、毛が多いので皮膚にシャンプーが届いているか、私はいつも心配してしまいます。

 

しかし、皮膚をしっかり洗おうと思って爪を立てたり、何回もシャンプーを重ねて行うことは、ワンちゃんの皮膚にとってはあまり良いことではありません。

 

何回もシャンプーをしてしまうと、皮膚が乾燥しすぎて、表面に必要な角質層をとりすぎてしまいます。

 

そうすると、フケや痒みの原因になってしまうことが多いので、気をつけましょう。

 

一回のシャワーではシャンプーは一度だけにし、シャンプーの頻度を2週間に一度など、工夫するのが良いでしょう。

 

ちなみに我が家の柴犬は、2週間に1回シャンプーをしています。

 

どんなシャンプー剤を使うかという点も大切です。

 

アレルギーや皮膚炎を持っている子だと、洗浄力の強いシャンプーでは皮膚トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

それに、皮膚が弱い子はわずかな刺激に対してもトラブルを起こしやすいので、できるだけマイルド処方になっているシャンプー剤を使うのがオススメです。

 

ペットショップなどで販売されているのを使っても良いですし、動物病院の先生に相談すれば、体質に合ったものを紹介してくれることもありますよ。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

シャンプーが嫌いな子はどうすればよい?

 

我が家の柴犬は、シャンプーはそれほど大好きというわけではありませんが、どうしても嫌というわけでもなく、大きな抵抗をされることはありません。

 

しかしママ友の中には、飼っている柴犬がシャンプー嫌いで、自宅では無理という人もいるので、その子によっていろいろなのでしょう。

 

もしも柴犬のシャンプーが自宅で難しい場合には、プロにお願いするという方法もありますけれど、それだとコスト的にかかってしまいますよね。

 

そこでオススメなのは、自宅でのシャンプータイムを柴犬にとって「嫌な時間」ではなく、楽しい時間に変える工夫です。

 

ママ友の一人に、ワンちゃんと一緒にシャワーを浴びているという人がいます。

 

ワンちゃんだけをシャンプーしようとすると、どうしても犬は抵抗をしてしまうということで思いついた方法らしいのですが、

 

ママも一緒にお風呂に入ることで、ワンちゃんとのスキンシップができるようになりますし、

 

ワンちゃんにとっても飼い主と一緒に水遊びができるということは、恐怖心を取り除くことができ、大きな安心感になるのでしょう。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

すすぎも大切

 

柴犬は毛がたくさんあるので、シャンプーをするのは結構な作業です。

 

しっかりと被毛を濡らし、シャンプーを泡立ててからゴシゴシと洗わなければ、皮膚の汚れを落とすことは難しいですよね。

 

しかし、しっかり洗おうとして爪を立ててこすりすぎるのはNGで、ワンちゃんの皮膚にダメージを与えてしまいます。

 

指の腹を使うなどして工夫しましょう。

 

また、しっかりすすぎを行わないと、シャンプー剤が残ってしまいますし、それが皮膚トラブルの原因になります。

 

温かいお湯などを使って、すすぎはしっかり目に行うのが、皮膚トラブルを予防するコツです。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード