アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬がかかりやすいアレルギー性皮膚炎とは?

 

柴犬は皮膚炎になりやすい

 

ワンちゃんのアレルギーって本当に大変ですよね。

 

私も飼っている可愛い柴犬が皮膚炎で痒がっていたりするのを見ると本当に胸が痛みます。

 

犬種によってかかりやすい病気はいろいろ異なるのですが、柴犬の場合にはアレルギー性皮膚炎にかかりやすい事はご存知ですか?

 

このアレルギー性皮膚炎というものについて、原因や対処法を調べてみました。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

アレルギー性皮膚炎について

 

アレルギー性皮膚炎というのは、アレルゲンという物質が原因で起こる皮膚病のひとつです。

 

体にとって刺激となる異物が侵入しようとすると、ワンちゃんも人間も体を守ろうとして防衛反応を起こします。

 

その結果、皮膚が赤くなったりぶつぶつができたりとても痒くなったりするわけですね。

 

これが皮膚炎のメカニズムです。

 

どのような異物に対してこうして反応を起こすのかは、犬種によってライフスタイルが違うので異なってきますね。

 

柴犬の場合だと、外を走り回ることが大好きなので、外からダニやノミをもらってきたり、昆虫が原因で痒みなどの症状が起こることは多くなります。

 

一度でも拒絶反応を起こすと、体内に抗体が作られてしまうため、その後は必ずそうした症状がリピートされてしまう可能性がとても高いという点が、この皮膚トラブルの嫌な点ではないでしょうか。

 

そのため、もしも原因を特定できたら、出来るだけ原因に近づけない努力と工夫が必要です。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

解決法はいろいろあります

 

我が家の柴犬もそうなのですが、一度アレルギー皮膚炎にかかってしまうと本人はとても痒がりますし、見ていてとても可哀想です。

 

ひどければ病院に連れて行きますが、それほどひどくない場合ならやはり自宅でさっと治したいですし、症状が起こる前に予防できるのがベストですよね。

 

そのため、出来るだけ原因に近づけないような工夫をするとともに、ドッグフードやお散歩のコース、使っているシャンプーなどを見直すことがとても大切です。

 

例えばドッグフードだと、動物病院に行くとアレルギー専用食というのを購入することができます。

 

我が家の柴犬は皮膚トラブルを起こしやすいので、そうした専用色を購入することも検討しました。

 

でもやっぱりコスト的に高いので、できれば市販されているもので対応できないかといろいろなブランドを模索した結果、カナガンに落ち着きました。

 

カナガンはイギリスで製造されている低アレルギー対応のドッグフードで、鶏肉などは一切使われていません。

 

アレルギーの原因になりやすい成分や原料は入っていないという点が、皮膚炎を起こしやすいワンちゃんのオーナーとしては大きな安心感となりますね。

 

もう一つ知っておきたいことがあります。

 

それは皮膚病は完治できないという点です。

 

毎日の生活で色々な面を工夫しながら、原因を取り除いたり排除することによって、症状を出さないような工夫はできます。

 

しかし根本的な解決はできないので、できるだけかゆみなどの症状が起こらない環境を作ってあげることが大切ですね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

家庭での対策が大切

 

柴犬のアレルギー皮膚炎は、根本的に体質を変えてしまうことは難しいものです。

 

しかし普段の生活や環境を工夫することによって、起こりにくい環境を作ることはできます。

 

我が家ではドッグフードを変えたことで大きな安心感となりましたし、できるだけ体や皮膚に刺激が強い成分は控えるように心がけています。

 

こうした心がけによって、動物病院に行く回数が激減しましたし、ワンちゃんの体調もとても良くなりました。

 

やはり痒みに耐えているワンちゃんを見るのは、オーナーとしても辛いですからね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード