アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬のアレルギーは夏と冬で症状が変わる?

 

起こしやすいトラブルの種類

 

柴犬が起こしやすいアレルギーの原因には、ドッグフードやおやつなど食べ物によるもの、昆虫やノミ・ダニなどによるもの、その他には薬などがあります。

 

このうち、昆虫は活動する季節が限られているものが多いので、冬よりも夏に起こりやすいトラブルです。

 

ノミやダニなども、寒い所よりも温かい方が活動が活発になるので、冬よりも夏に多いトラブルに思えますが、ノミとかダニは冬は暖かい家屋の中で繁殖することもあるので、冬だから大丈夫と侮れません。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

夏にはこんなアレルギーにご注意

 

 

我が家の柴犬は、冬よりも夏にトラブルを起こしやすい体質です。

 

うちの子は皮膚が弱いらしくて皮膚炎を起こしやすいのですが、少し痒くなるとすぐにぼりぼりと掻いてしまうので、炎症を起こしたり感染したりしないようにと、かなり気を遣っています。

 

炎症を起こしやすいのは、毎年ゴールデンウィークが終わって梅雨に突入するぐらいの時期から夏が終わるまでの間で、どうもジメジメした環境になるのがNGなのでしょう。

 

ノミとかダニのお薬は動物病院でもらって飲ませているので、そうした小さな生き物が原因だとは思っていないのですが、柴は被毛が厚いので、きっとお散歩の途中に外でいろいろなものが毛にくっついてしまい、皮膚に近い所で繁殖しているのかもしれません。

 

うちで行っている対策法は、暑くなる季節には毛をスキンヘッド並みに短く刈り上げてしまうこと、そしてシャンプーは2週間に一度しっかり行い、その後にはドライヤーで乾かす、という作業です。

 

こうすることによって、散歩に行っても虫がつきにくくなるでしょうし、仮に何かついたとしても、私が見つけやすいので、とても助かっていますよ。

 

それに、超短毛カットにしているので、お散歩中に暑くて歩きたくないということもなく、暑さ対策としても良いでしょう。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

乾燥肌の子は冬が危険

 

 

私のママ友の中に、飼っている柴犬の皮膚がかなり乾燥肌で、アトピーとまではいかなくても冬になると毎年トラブルが起こるから困ると悩んでいる人がいます。

 

ワンちゃんでも乾燥肌というのはあるらしく、空気が乾燥する季節にはかなり深刻な悩みになるんです。

 

人間の肌と同じで、ワンちゃんの皮膚が極度に乾燥してしまうと、バリア機能が低下して、外からの刺激に対して肌が負けてしまいます。

 

そうすると、特に何もしていないのにフケが出たり毛が抜けたり、痒くなったり赤くなったりという症状が起こるのです。

 

こうした乾燥肌対策としては、人間用のワセリンを使ったり、オリーブオイルを乾燥しやすい部分に塗ってあげるという方法が効果的です。

 

ワンちゃんの体の中でも特に口のあたりは痒くなりやすいようで、その柴犬は冬になるといつも手で顔を引っ掻くようなしぐさをひっきりなしにしています。

 

きっととても痒いのでしょうね。

 

掻くたびにやはり皮膚に傷をつけてしまうので、その部分の毛が抜けたり赤くなったりしますし、感染なんてしたらもっと大変なので、そうなる前にとりあえずワセリンをつけてみて、それでダメなら病院で薬用の保湿剤とか薬を出してもらうのがおススメです。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

様子を観察して早く気付きたい

 

 

何年も同じ柴犬と暮らしていると、ちょっとした行動の変化にもすぐに気づくことができます。

 

しかし、ワンちゃんは体が小さいですし、これまでは大丈夫だったことでも突然アレルギー反応が出てしまうということはあるので、普段の行動で少しおかしいなと思うことがあったら、注意深く観察することが早期発見につながりますね。

 

放置してもあまり良いことにはならないので、観察して症状が改善しなければ病院に連れて行ってあげてください。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード