アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

アレルギー持ちの柴犬にはどんなおやつがおすすめ?

 

意外と注意していないおやつ

 

もともとひどいアレルギー体質の柴犬なら、きっとオーナーが口にするものすべてに細心の注意を払うので、

 

食事はもちろん、おやつに関しても何が入っていてどんな風に作られているかをチェックするでしょう。

 

もしかしたら、おやつは手作りしたものだけにしている、ということもあるかもしれませんね。

 

我が家の柴犬は、そこまでひどい体質というわけではありませんけれど、皮膚が弱いので万が一のことを考えて、ドッグフードはアレルギー対応になっているカナガンを使っています。

 

でも、おやつまでは正直あまり気が回らないことが多いですね。

 

ペットショップに行っておいしそうなおやつを見ると、ついつい手が伸びてしまいますし、原料をあまりチェックすることも少ないですね。

 

私のようなペットオーナーは意外と多いのではないですか?

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

トラブルを起こすとどうなるのか?

 

おやつもドッグフードと同じで、使われている原料や成分に対して拒絶反応を起こしてしまうと、全身が痒くなったり皮膚が赤くなったりの症状が出てしまいます。

 

ドッグフードと比べると、食べる量が少ないですし、頻繁に食べるわけではないので、気づかずに放置してしまうオーナーは結構多いんですよ。

 

私のママ友で、ワンちゃん用のクッキーをいただいて食べさせたところ、ワンちゃんがしきりに痒がり初めて、最終的に病院に連れて行ったという人がいます。

 

その子の場合、ペットショップなどで販売されているクッキーは普通に食べていたようなのですが、いただいたものにはオートミールが使われていて、そのワンちゃんはたまたまオートミールにアレルギーを持っていたことが、検査をして分かったのだとか。

 

穀物とかお肉などは、種類によってOKなものもあればNGなものもあるので、見極めが難しいですよね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

検査するのがおすすめ

 

体質的に何がNGなのかよくわからない人は、できれば動物病院で一度検査することをおすすめします。

 

獣医さんに相談すると、色々な成分に対して検査をしてくれるので、何がNGなのか具体的に知ることができますし、知っておけばドッグフードとかおやつ選びではかなり助かると思いますよ。

 

私自身、友人のクッキーの話を聞いた後、なんとなく怖くなったので病院で検査をしてもらいました。

 

それからは、お友達に何かいただいたものを柴犬にあげる時には、何が入っているかを確認する癖がつきましたね。

 

こうしたトラブルは、食べ物だけに気を付けていればよいというわけではありません。

 

空気が乾燥していて肌が敏感になっている時だと、わずかな刺激でもトラブルになってしまったりすることがあるので気を付けなければいけませんし、

 

夏にトラブルが起こりやすい子もいれば冬がダメという子もいるんですよ。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

トライアルサイズがあればよいのに

 

我が家の柴犬は、トラブルを起こしやすい成分が徹底的に排除されているという点が気に入って、カナガンを定期コースで買っています。

 

体質にあっているようですし、食いつきも抜群に良いので、きっとうちの柴にはベストなドッグフードだったのだと思いますけれど、初めてトライする時にはやはり不安でした。

 

ドッグフードに限らず、ワンちゃんのおやつにしてもたくさんの商品が販売されていますが、トライアルサイズみたいな小さなサイズで販売されている所は意外と少ないですよね。

 

体質的に相性がよく分からず不安なケースは多いので、トライアルサイズが各ブランドからラインナップされたら良いな、ということはいつも思っています。

 

そうしたらもっと気軽に、いろいろなブランドの商品に挑戦しやすくなりますよね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード