アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

アレルギー体質の柴犬におすすめなドッグフードは?

 

アレルギーの種類を知りましょう

 

柴犬がかかりやすいアレルギーには、ドッグフードなど食べ物に含まれている成分に対してトラブルを起こしてしまう他、ノミやダニが原因になるもの、

 

昆虫に刺されることで発症するもの、その他には薬の成分に対して体が拒絶反応を起こしてしまうものなどがあります。

 

どんな種類によってどんな症状がどのぐらい出るかは異なりますし、その子によってどんなアレルギーを持っているかは違うので、

 

普段の生活の中で食事を変えたとか散歩のコースを変えたとか、変わったことがあった場合には柴犬の様子を普段よりも注意深く観察してあげてくださいね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

ドッグフードによるトラブルは増えています

 

ドッグフードはたくさんのブランドからいろいろなものがラインナップされていますが、それぞれどんな原料が使われているのかが異なります。

 

ワンちゃんによってはトラブルを起こしやすい体質の子がいて、そうした子だと体調によってはそれまで平気だった原料や成分に対してもある日突然NGになってしまうことがあるので、

 

気を付けたほうが良いでしょう。

 

我が家の柴犬もけっこうなアレルギー体質で、皮膚炎をよく起こしやすいのですが、ドッグフードはトラブルを起こす原因になりやすい穀類は一切入っていないグレインフリーのカナガンを使っています。

 

無添加なので、体質的に繊細な子にはピッタリのドッグフードですし、ネットショップで定期コースを利用すると自宅まで毎月届けてくれるので、とても助かっています。

 

ワンちゃんの体は人間とは違うので、人間にとっては問題ない原料でもワンちゃんにとっては刺激が強すぎてトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

 

特に、人間の食事を家庭の柴犬とシェアしている人や、人間の残り物を犬に与えている人は、できれば止めたほうが良いでしょう。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

ドッグフードの選び方

 

ドッグフードを選ぶときには、穀物が入っていないものがおススメです。

 

カナガンには穀物は入っていませんが、他にもネルソンズドッグフードなどプレミアムドッグフードならグレインフリーはたくさんあるので、買いやすさとか味、ニオイや食いつきなどで決めると良いですよ。

 

穀物が入っているフードでも、基本的にはワンちゃんがトラブルを起こしにくい種類が厳選されているので、これまで大きなトラブルがない子なら、それでもOKかもしれませんね。

 

うちの柴犬のように、皮膚が弱い子などは、これからのトラブルを未然に防ぐためにも、できればグレインフリーがおすすめです。

 

ワンちゃんは肉食なので、タンパク質はたっぷり摂取しなければいけませんよね。

 

ドッグフードの主要成分は鶏肉とかラム肉などの肉になっていることが多いのですが、肉の種類によってもトラブルの起こしやすさが変わります。

 

うちは鶏肉が大好きなのでカナガンにしていますけれど、ワンちゃんによっては鶏肉アレルギーという子もいます。

 

その場合には、トラブルを起こしにくいと言われているラム肉とか魚ベースのフードを選ぶなどして、対応すればよいでしょう。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

 

食べ物アレルギーは怖いです

 

ノミとかダニみたいなものに対する拒絶反応なら、部分的に痒くなったりしますよね。

 

でもドッグフードなど食べ物に入っている成分でトラブルを起こしてしまうと、全身が痒くなってしまうので、とてもかわいそうです。

 

痒くてたまらないからと耳の後ろを掻きむしったりとか、床に背中をこすりつけるなどの行動が目立つ時には、もしかしたらフードの中の成分がNGなのかもしれませんから、

 

ドッグフードを変えてみるとか、動物病院で検査を受けてみてください。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード