アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬の皮膚が赤いのはアレルギーかも!?

 

異常がなければ赤くはならない

 

柴犬は毛量が多いので、皮膚の色をチェックするためには被毛をかき分けながら注意深く観察しなければいけません。

 

皮膚に異常があると、赤くなるだけでなく痒くなったりもするので、ワンちゃんは床に痒い部分をこすりつけたり、足で引っ掻いたり、オーナーでも注意していればすぐに気づくような行動をとることが多いものです。

 

しかし、こうした行動をしてくれなければ、なかなか気づいてあげることは難しいですよね。

 

そのため、私は普段から愛犬の体に触れてスキンシップを取りながら、被毛をかき分けて皮膚の色などもチェックするように心がけています。

 

だって、何もなければ皮膚が赤くなるということはないわけですし、赤いということはどこかに異常があるということですからね。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

アレルギーだと赤くなりやすい

 

ワンちゃんごとに体質は異なりますが、うちの柴犬のように皮膚トラブルを起こしやすい体質の子は皮膚が赤くなりやすい、と動物病院のドクターに言われたことがあります。

 

体質的なものなので、わずかな刺激や成分に対してもすぐに皮膚が赤くなったり痒くなってしまうわけですが、オーナーとして気を付けられることはたくさんあります。

 

その中でも、毎日の食事と定期的に行うシャンプーは、改善しやすい部分ですよ。

 

たとえば食事ですが、それまでは大丈夫だった成分に対して、ある日突然トラブルを起こしてしまうことがあります。

 

一度トラブルを起こしてしまうと、その特定の成分はもうNGとなってしまうのがアレルギーの怖い所なので、体質的に心配な子は、食事はできるだけトラブルを起こしにくい成分のみで作られたものを選ぶのがおすすめです。

 

我が家ではカナガンを使っているのですが、トラブルを起こしやすい穀物などは一切使われていませんし、無添加なので安心して続けています。

 

シャンプーは、できるだけ洗浄力が強すぎないものを選び、頻度も多すぎず少なすぎずに調整してあげると良いでしょう。

 

動物病院で販売されているシャンプー剤ならマイルド処方の薬用タイプが多いので、けっこうおすすめですよ。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

皮膚を赤くしない予防法

 

皮膚を赤くしないために予防できることもたくさんあります。

 

例えば人間の食事は、ワンちゃんにとってはトラブルを引き起こしやすいものが多いので、気を付けたほうが良いでしょう。

 

自宅でワンちゃんの食事を準備している人なら、食材の一つ一つをチェックして、できるだけワンちゃんにとってトラブルを起こさない食材かどうかを確認しながら使うことをおすすめします。

 

我が家の柴犬は、基本的に人間の食事は一切与えていません。

 

その理由は、やはりアレルギーが心配だからです。

 

何かあってからでは可哀想なので、オーナーが食事をシェアしたいという気持ちを抑えて、柴犬はワンちゃん用の食事にしています。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

治療は早い方がベター

 

もしも飼い犬の皮膚が赤いなと思っても、本人が痒がっていなければ数日間ぐらいは様子を見てもいいでしょう。

 

でも、観察していて本人が痒そうにしていたり、頻繁に赤くなっている部分を舐める時には、何かおかしいということなので、できるだけ早めに動物病院に連れて行ってあげてください。

 

治療をするなら早く始めたほうが完治までにかかる期間は短くて済みますし、ワンちゃんにとっても苦痛な時間を短くしてあげることができます。

 

長く放置してしまうと、引っ掻いて皮膚がただれてしまったり、ばい菌に感染してひどい状態になってしまうこともあるので、注意してくださいね。

 

人間もワンちゃんも、おかしい症状は早期発見と早期治療が大切です。

 

柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード