アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬のフケが多い原因はアレルギー?

 

柴犬のアレルギーは意外に多いトラブルです

 

柴犬のアレルギー対策にドッグフード切替検討を

 

ワンちゃんのフケってみたことありませんか?人間と同じで、ベタベタ脂っぽい感じのフケが出ることがあれば、カサカサに乾燥した感じの状態の場合もあり、原因は多種多様です。

 

どんな状態なのかをチェックすることで、その原因を突き止めることはできますけれど、シャンプーとかドッグフードなどオーナーが気づいてサッと改善できることもあれば、

 

病気によるものだったりすることもあるので、たかがフケだからと放置してしまうのは危険です。

 

柴犬のアレルギー対策にドッグフード切替検討を

 

柴犬のアレルギーを心配する必要がないのはこんな時

 

柴犬に限らず、ワンちゃんも人間と同じように新陳代謝をしていて、皮膚の角質などは新陳代謝によって垢として皮膚の表面から剥がれ落ちます。

 

それが、見た目には白い粉のように見えるのです。

 

そのため、たまに白いパサパサしたものが毛についているとか、定期的に白い粉が体についているけれど量はそれほど多いわけではないし、ほとんど気にならない、という場合には、特に何もする必要はありませんし、病院に連れていく必要もありません。

 

我が家の柴犬は、自宅でシャンプーすると、使うシャンプー剤によっては皮膚の角質を取りすぎてしまうのか、シャンプーの翌日に体が白く粉をふいたような状態になってしまうことがあります。

 

うちの子の場合には、トラブルを起こしやすい体質なので、使うシャンプー剤などはかなり気を遣って肌にマイルドなものを選んでいるのですが、

 

洗浄力が強すぎるものを使うと、フケっぽくなってしまうこともあるので気を付けたほうが良いでしょう。

 

新陳代謝による症状なら、動物としての本来の機能なので、特に心配する必要はありません。

 

でも、フケだけではなくて本人が痒がっているとか皮膚が赤くなっているとか、また炎症が起こっているなんていう時には、何かが正常ではないということなので、

 

すぐに病院に連れていくことをおすすめします。

 

柴犬のアレルギー対策にドッグフード切替検討を

 

柴犬がアレルギー持ちになってしまったらどうすればよい?

 

白い粉っぽいフケが出るのは、もしかしたらアレルギーが原因という可能性もあります。

 

こうしたトラブルではまず本人が痒みを感じ、ひっきりなしに耳の後ろとか体を掻いたり、なめたりという行動をするので、気を付けて見ていればオーナーはすぐに気づくことができるものです。

 

うちの柴犬も、皮膚炎を起こした時にはずっと炎症が起こっている部分をなめていて、しばらくすると痒くなるのかポリポリと掻き、それでさらに炎症が悪化していたくなる、なんていう悪循環に入ってしまいました。

 

病院に連れていったら薬を出してくれるので、痒みを抑えることができますし、炎症もすぐに止めることができるのですが、あのまま放置していたらと考えると怖いですね。

 

ワンちゃんが皮膚トラブルを起こすと、痒くなって掻いてしまいます。

 

そうすると皮膚がただれてしまうので大変です。

 

アトピーなどは、生まれてから3年までに75%ぐらいの子が発症すると言われているので、子犬を飼っている家では要注意ですね。

 

こうしたアレルギーの原因はアレルゲンという物質なのですが、花粉のように季節によって増減するものもあれば、家の中のホコリとかダニのように年間を通して存在しているものもあります。

 

何に対してトラブルを起こすのかが分かれば対処しやすいのですが、柴犬は家の中も外も元気に走り回るのが大好きな犬種なので、はっきり原因を特定するのは難しいかもしれませんね。

 

柴犬のアレルギー対策にドッグフード切替検討を

 

柴犬のアレルギーが収まらなければ病院へ

 

我が家の柴犬は、ちょっとしたことでもトラブルを起こしやすいアレルギー体質なので、2週間に1回自宅でシャンプーしています。

 

ワンちゃんには皮脂腺がなく肌はとても乾燥しやすいので、シャンプーの頻度によってはフケがたくさん出てしまうのですが、シャンプー以外にもこのトラブルが起こる原因はたくさんあります。

 

状態がなかなか改善できなければ病院に連れていくことも必要ですよ。

 

柴犬のアレルギー対策にドッグフード切替検討を