アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

柴犬の抜け毛はアレルギーが原因かも

むくむくとした毛におおわれていて愛らしい柴犬は、我が家の大切な宝っ子でもあります。

 

特に病気でなくても定期的に抜け毛は起こるので、本人が痒がっていたり、皮膚が赤くなったりしなければ、気にして病院に連れていく必要はありませんけれど、抜け毛の原因には、アレルギーとか病気もあるので、抜け毛がひどくて再生してこなかったり、円形脱毛症のような感じで部分的に抜けてしまう場合などには注意が必要です。

 

皮膚が赤かったりすれば、見た目で痒いのかなとか痛いのかなと予想することはできるのですけれど、抜け毛だと正直、私にはそれがワンちゃんにとって痛いのか痒いのかということすらわかりません。

 

だから、気になる時にはとにかく医者に連れて行って、本人の苦痛だけでも取り除いてあげようと最善を尽くしています。

 

柴犬のアレルギー対策は

 

抜け毛の原因はいろいろ

 

柴犬の抜毛は、原因によって抜け方が異なります。

 

私たちにはその違いがよく分からなくても、獣医さんはプロなので、見ると大体の見当がつきピンポイントで検査してくれるので大きな安心感につながりますよ。

 

例えば、10円ハゲのような円形脱毛症のような抜け方もあれば、全身の毛が抜け落ちてしまうこともありますし、痛くもかゆくもない脱毛もあれば、本人にとっては痒くて仕方ない抜け方もあるのです。

 

本人が別に普段と変わらないそぶりをしているのに毛が抜けてしまうのは、ホルモン系の病気が多く、この場合には皮膚が黒くなったりフケっぽくなったりすることもあるので、すぐに病院で適切な治療をすることが必要です。

 

一方、アトピーとかノミ・ダニ、また細菌が原因でも毛が抜ける場合には、ワンちゃんは痒くて仕方ないことが多いので、放置するのはかわいそうです。

 

ホルモン系の病気ということもあれば感染症ということもありますし、アレルギー症状で毛が抜けることもあります。

 

アレルギー症状はドッグフードが原因になることもあるので、新しいフードに変えた時などは、特に注意して様子を観察していることが大切ですね。

 

柴犬のアレルギー対策は

 

知っておきたい予防法

 

ワンちゃんの抜け毛は、原因がいろいろあるので完全に予防することは難しいのが特徴です。

 

でも、普段の生活の中で出来ることはいくつかあるので、できることを心がけることで、ある程度は予防できますよ。

 

例えば、ジメジメする季節には、できるだけ衛生面に気を付けて、シャンプーは2週間おきにしてあげるとか、ブラッシングは日常的に行うのが良いですし、

 

お散歩のときには草むらや茂みに連れていかないようにしたり、ドッグフードはできるだけトラブルを起こしやすい成分が入っていないものを選ぶのも良いですよね。

 

毛が抜けるという症状が起こると、抜け毛に対してワンちゃんがストレスを感じることはありませんが、痒かったりむずむずするなど不快な症状が起こると、

 

それに対してワンちゃんは強いストレスを感じてしまいます。

 

もしもそうした症状が起こったら、獣医さんに治療してもらう事も検討しましょう。

 

 

ドッグフードで抜け毛を予防する方法

 

ドッグフードはブランドごとに異なる原料が使われていて、その中にはトラブルになりやすい成分もあれば、そうでない成分もあります。

 

我が家で使っているカナガンは、ワンちゃんのアレルギーを起こしやすい穀物や添加物などは一切入っていない安心原料のみで作られていて、皮膚炎を起こしやすいうちの柴犬でも安心して続けています。

 

フード選びを工夫するだけで、ワンちゃんの体調が良くも悪くも影響を受けるのですから、ドッグフードは奥が深いのだなと思いますね。

 

ほかにも、ハーブがたくさん入っているネルソンズドッグフードとか、ラム肉原料のナチュラルドッグフードなどもおすすめですよ。

 

柴犬のアレルギー対策は