アレルギー持ちの柴犬におすすめなカナガンドッグフード

犬は魚を食べてもOK?

私は我が家に柴犬を迎えるまでは、犬はずっと肉食だと思っていました。

 

確かに、ワンちゃんの歴史においては、犬は肉食動物なので、野菜とか穀物よりは肉を食べたほうが合っているというか、犬にとっては肉から得られるタンパク質は、生きるためには必要不可欠な栄養成分です。

 

しかし、近年では肉に対してアレルギーを持っているワンちゃんもいるわけで、肉が食べられないとなると、何からたんぱく質を取ればよいのかという点が気になりますよね。

 

我が家の柴犬が皮膚炎を起こしやすい体質なので、肉が食べられないワンちゃんもいるのではないか、その場合には魚は食べても良いのか?とずっと不思議だったのです。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

魚でたんぱく質を補給

 

肉アレルギーと言っても、肉にはいろいろな種類があるので、どの種類がNGなのかが分かれば、それ以外の肉からたんぱく質を摂取できますし、ドッグフード選びでもNG原料以外のものが入ったものを選ぶことができます。

 

肉の中でもトラブルを起こしにくいのはラム肉と牛肉と言われているので、もしも体質的に痒くなり易かったり毛が抜けやすい子なら、ラム肉とか牛肉が入ったフードを選ぶのが良いでしょう。

 

例えば、プレミアムドッグフードブランドの中でいうと、ナチュラルドッグフードなら鶏肉ではなくラム肉が原料となっているので、トラブルは起こしにくいのでおすすめですよね。

 

しかし、ラム肉もNGとなってしまうと、選べるフードの数はかなり少なくなってきます。

 

私がこれまで我が家の柴犬に与えてきたフードはどれも鶏肉などの肉が入っているものばかりですし、魚のみのものは見つけたことがありません。

 

我が家の柴犬が愛用しているカナガンは、鶏肉がベースとなっていて、その上に毛並みをよくするためにサーモンオイルなどのオイル成分は入っていますが、魚ベースで肉がないというわけではありません。

 

だから、魚の成分がワンちゃんにマイナスではないということは知っています。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

ドッグフードの選び方

 

肉に対してアレルギーを持っている子は、どんなフードを選べばよいのかという点も含めて獣医さんに相談することをおすすめします。

 

検査をして、具体的にどの食材がNGなのかを知るだけでもドッグフード選びではプラスになりますし、獣医さんならいろいろなケースに精通しているので、肉が全てNGでも食べられるフードを紹介してくれるでしょう。

 

もしもワンちゃんと相性が良いフードが見つからなくても、心配する必要はありません。

 

その場合には、自宅でワンちゃんが食べられる食材を使って食事の準備をすれば良いのです。

 

私はワンちゃんの栄養バランスが考えられているドッグフードを愛用していますが、食材にこだわりたい人やトラブルを持っているワンちゃんの場合だと、オーナーが自宅で食事の支度をするということも珍しくありません。

 

少し手間はかかりますけれど、そういう愛情の注ぎ方もアリではないでしょうか。

 

もしもアレルギー体質だけれどラム肉はOKという子なら、ナチュラルドッグフードがおすすめです。

 

このブランドは、トラブルを起こしにくい種類の穀物が入っているほか、ラム肉が入っていて全体的に低アレルギータイプに仕上がっています。

 

まずは試してみるのも良いでしょう。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード

 

アミノ酸を摂取するコツ

 

ワンちゃんが魚ベースのフードを食べる時には、十分な脂質が取れていることを確認する必要があります。

 

柴犬は特に外で元気に走り回る犬種なので、脂質が少ないのでは体力がつきません。

 

健康志向でアッサリ系の食事でも良いのですが、その時にはできるだけ脂質を確実に摂取できるように、サーモンオイルを食事の上にかけたりして工夫してあげてくださいね。

 


柴犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード